自動化機械 自動段積み装置の事例

ホーム自動化機械 Index < 自動段積み装置

自動段積み装置 クライアント:大手建材メーカーB社様

建材メーカー様では非常にバラエティ豊かな外壁材を開発されています。
生産ラインの最終段階で、梱包のため製品を積み上げる必要があります。
多様な商品を効率よく段積みしてゆくのが自動段積み装置です。

自動段積み装置・写真

お問い合せ

住宅の外壁材を製造しているB社様では生産後から梱包前の段積み工程までのラインを人が二人がかりで担当されていました。この工程を自動化したいというという事がお客様からのリクエストでした。
ローラーコンベヤ、反転装置などに加え、従来は作業者2人で幅400mm×長さmax4mの外壁材を積み上げていた工程を自動化するための段積み装置を製作しました。

ヒアリング

お客様から与えられたミッションは「従来は作業者2人で幅400mm×長さmax4mの外壁材を積み上げていた工程を自動化する」「サイクルタイムは4秒以下とする」というハードルの高い用件でした。
※サイクルタイムは、ひとつの工程が始まってから、終了するまでの時間の事で、製造業の工程管理においては非常に重要なファクターになります。

提 案

製品の段積みに加えて製品の間に保護紙を挟むので、サイクルタイムが課題となりましたが、2列の移載装置で対応しました。また、移載時における製品の取り扱い方法も
  • 製品に傷を付けてはいけない為、吸引が望ましい。
  • しかし装飾用の凹凸のデザインが施されているので従来の吸引では難しい。

という用件を受けて、当社独自の吸引方法を開発する事により、問題解決にあたりました。

ポイント
コスト削減無人化

納品そして効果

外壁材の凸凹した形状に合わせた、新たなパットを弊社の設計チームが考案する事により、お客様の要望するスペックに合う自動化装置を設計・納品させて頂く事が出来ました。「今までに無いモノを作る」と言うエバラの設計思想に基づいき、新たなアイデアを具現化した安定性の高い省力化装置はお客様の高い評価を頂いております。